【菅首相記者会見詳報】(1)「手をこまねいていれば大都市の感染拡大」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

菅首相記者会見詳報

(1)「手をこまねいていれば大都市の感染拡大」

4都府県へ緊急事態宣言を発令し会見で国民にさらなる協力を呼びかける菅義偉首相=23日午後、首相官邸(春名中撮影)
4都府県へ緊急事態宣言を発令し会見で国民にさらなる協力を呼びかける菅義偉首相=23日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は23日夜、官邸で記者会見し、新型コロナウイルス特別措置法に基づき緊急事態宣言を東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に25日から5月11日まで発令すると表明した。記者会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど、新型コロナ対策本部を開催をし、緊急事態宣言の発出を決定をいたしました。東京都、京都府、大阪府、兵庫県を対象として、期間は4月25日から5月11日までであります。また、蔓延(まんえん)防止等重点措置について、この期間において愛媛県を追加し、宮城県、沖縄県の5月11日までとすることを決定をいたしました。

 全国の感染者は先月以来、増加が続き、重症者も急速に増加をいたしております。大阪、兵庫の感染者数は、いわゆるステージ4の中でも高い水準にあり、医療提供体制は、これまでになく厳しい状況にあります。東京、京都においても感染者数の増加ペースが日増しに高まっており、いわゆる、ステージ4の水準に至っております。特に懸念されるのは変異株の動きです。陽性者に占める割合が大阪、兵庫で約8割、京都で約7割、東京でも約3割に上昇するなど、強い警戒が必要であります。

 このまま、手をこまねいていれば、大都市における感染拡大が国全体に広がることが危惧されます。こうした中で、再び緊急事態宣言を発出をし、ゴールデンウイークという多くの人々が休みに入る機会を捉え、効果的な対策を、短期間で集中して実施をすることにより、ウイルスの勢いを抑え込む必要がある、このように判断をいたしました。

 私自身、これまで再び宣言に至らないように全力を尽くすと申し上げましたが、今回の事態に至り、再び多くの皆様方にご迷惑をおかけすることになります。心からおわびを申し上げる次第でございます。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる