【菅首相記者会見詳報】(4)「変異株の対策を行うことが大事」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

菅首相記者会見詳報

(4)「変異株の対策を行うことが大事」

4都府県へ緊急事態宣言を発令し会見で国民にさらなる協力を呼びかける菅義偉首相=23日午後、首相官邸(春名中撮影)
4都府県へ緊急事態宣言を発令し会見で国民にさらなる協力を呼びかける菅義偉首相=23日午後、首相官邸(春名中撮影)

 --政権の変異株に対する認識が甘かったのではないか。3度目の緊急事態宣言を出すことへの首相の政治責任は

 「まず、先般の緊急事態宣言の解除については、感染者数や病床など、状況に基づいて専門家の意見を伺った上で解除しました。例えば大阪ですけども。実際は当時、解除したときは、新規感染者数は72名でした。私たちはステージ4からステージ3になれば、一つの目安に解除するものとしておりました。ステージ3が315までステージ2が280、189までです。大阪ではそれが72名。そして病床も、ステージ4が50、そしてステージ2が20、その時病床は29.8でありましたけども、全体として、このような状況で、中で解除したということであります。

 そして、今回の緊急事態宣言に至ったというのがやはり、変異株が、私、冒頭申し上げましたけど、大阪、兵庫で8割が変異株でありますから、そうした変異株の対策を行うことが大事だというふうに思ってます。

 ただ、その対策を講じることというのは、基本的な従来の対策をしっかりやること。そういうことの中で、対策をそちらの勢いの方が強かったということだというふうに思います。それで今回、人流をこのゴールデンウイークを中心として、短期間の間ですけども、止めさせていただく、そういう対策を講じたということです。

 --政府は飲食の場を急所と定めて中心に対策を打ってきましたが、今回は人の流れの抑制という強い措置への転換を迫られた。飲食中心の対策の判断は誤りだったのではないか。蔓延(まんえん)防止等重点措置の要請検討を表明した北海道の現状をどう分析しているか。近々の適用はあるか

 「まず、北海道については日々緊密に連携をとっており、来週火曜日から21時までの時間短縮、これを行うというふうに聞いております。いずれにしろ、連携しながら、感染拡大を食い止めていきたい、このように思います。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる