コロナ変異株の猛威読めず、大阪 重症者急増で対策後手(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

コロナ変異株の猛威読めず、大阪 重症者急増で対策後手

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく4都府県への緊急事態宣言の発令が23日、決まった。東京都を上回る数の新規感染者が確認されている大阪府内では、感染第4波の3月中旬から変異株の影響が顕在化。「経験したことがない速度」(府幹部)での感染拡大と重症者の急増に直面し、第3波までの経験を踏まえた対策も後手に回った感が否めない。変異株の実態を早期につかめず、翻弄された1カ月だった。

14日が「転換点」

「変異株が従来型と違うことは明らかだ。社会に負担をかけてでも感染拡大を抑制しないといけない」。吉村洋文知事はこの日、対策本部会議に先立ち、改めて記者団にこう述べた。

 府の対応は感染者の急増に伴い「局面が変わった」とされる3月中旬以降、目まぐるしい展開を遂げた。

 3月20日、20~30代の新規感染者数が府の「見張り番指標」で感染拡大の警戒レベルに達すると、府は同31日に「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用を政府に要請。4月5日に重点措置が適用されると、10日には吉村氏が民放番組で緊急事態宣言の必要性に言及した。

 重点措置に移行後も感染拡大に歯止めはかからず、13日以降は1日当たりの新規感染者が連日千人超に。入院中の重症者は確保病床数を上回り続けている。

 何とか回避しようとした宣言を一転、要請する転換点となったのが、14日の対策本部会議だ。直近の新規感染者数に基づく試算で、5月4日には重症者が最大427人に達するとの数字が出た。府幹部は「危機感を相当強め、緊急事態宣言が現実味を帯び始めた」と明かす。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  4. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球