ノア隊長のコットン毛布奪還作戦

こんにちは、ネコネコネットワークでのライブ演奏に向け、日夜コードの練習を怠らないアイドルトラ猫ノアです。降りてくださーい(小声)。

そしてこちらは最近あまり登場しませんが、我が家に住むもう一匹のトラ猫、丸顔のサビ。未だに先住猫ノアがその存在を受け入れないので、時々サビに首輪とリードをつけ、お互いの顔合わせをしています。今回はそんな二人(二匹)の日常から。

サビが部屋にいると、さっそく警戒モードのノア。

「出べそは出てけ」

イカ耳ノアさん、それはひどいよー。サビの出べそ(臍ヘルニア)はもう手術して治っているからね。

「近づいたらこうよ!」

猫はいろいろなものに興味を持ちますが、我が家の猫は二匹とも布が大好き。最近買ってきたコットン毛布がノアはお気に入りです。その様子を見ていたサビ、自分も近づいていきます。

「ほほう、これは後ろ足ケリケリにぴったりな厚手のコットン毛布、、」

「ノアちゃんの匂いもする、、」←やめなさい。

サビがコットン毛布を奪ってしまいました。

「後ろ足でこうか!たまらん!」

「あの、これもらってもいいですか?」

ダメです←サビにはきびしい。

一方、毛布を奪われたノアは、、。

「あいつだけは放置しておけない」

「こうなったらやるしかない、、。お尻を噛んで、振り向きざまの右フックをスウェーでかわした後、左のサバトラボディブローで、、」

ノアさん、目つき目つき。心の声が聞こえてますよ。

お互いがイカ耳モードで向かい合う両者。睨み合いの決着は、このあとの一瞬の動きが決め手になりました。

飛びかかるサビ。それを鍛え上げた右猫パンチで迎え撃つノア(ちなみに目はつむってます)。

そのノアの右猫パンチを交わして、サビの左フックがカウンター気味にクリーンヒット!!

ノア離脱、、退却、、敗退、、。

「うむ、諸君。今回のコットン毛布奪還作戦は失敗に終わった。すべては指揮官たるワタシの責任だ」

いや、なんか憂い顔でキメてるけど一匹だったよね。

多頭飼いは難しいですね。ちなみにとられたコットン毛布はもちろん、あとでノア隊のワタシが取り返しておきました。

「苦しゅうない」

でも隊長、破壊活動はほどほどにしてください。いつまでたっても仲良くなれない二匹の日常をお届けしました。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー