飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか(4/5ページ) - イザ!

メインコンテンツ

飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか

ITメディア
ファミレス参入の理由

 そんな知られざる「衣食住の巨人」ともいえる、ベイシアグループの中核企業・カインズがいよいよ首都に攻め込んできたのだ。これを単に「ホームセンターが進出してきた」と捉えるのはあまりにもお気楽すぎる。

 グループメリットを生かして、首都圏でも絶大な人気を誇るワークマンプラスなどとコラボすることもできるだろう。カインズキッチンを進化させた都市型フードコートを併設することもできるだろう。

 また、米国の体験型店舗「b8ta」とコラボしたように、カインズ独自開発のユニークなアイテムを実際に手に取ってもらい、それをマーケティングや開発に生かすRaaS(リテール・アズ・ア・サービス)の拠点を整備することもできる。中長期的には生活雑貨、衣料品、飲食店、さらには食料品までを同一のコンセプトのもとで提供する、「ライフスタイル総合店舗」を出すことも可能だ。

 つまり、カインズは現時点のニトリではなかなかできない方向性の戦い方ができるだけではなく、似鳥会長が目指す「衣食住での事業展開」を可能とする力もあるのだ。ここを迎え撃つニトリとして、まずは「衣」と「食」は急ピッチで追いつかなくてはいけない。

 「衣」に関して、「N+」は女性向けアパレルなので早急に男性向けがほしい。幸いにも、買収をした島忠ホームズにはオリジナルのアパレルブランド「カラナビ」がある。こちらは「プロ仕様のワークウェア」を掲げながら、無印良品のようなベーシックなデザインで、ワークマンのアイテムと比べても機能性はそれほど遜色はない。マーケティングや宣伝にそれほど力を入れているとは思えないので認知度はあまりないが、「ニトリホームズ」のシナジー効果で大化けしないとも限らない。

 となってくると、やはり次に必要となってくるのが「食」ではないのか。それこそが、これまで敷地内に大手ファミレスや人気チェーンを誘致する方向性だったニトリがこのタイミングで、ファミレスに参入をしなくてはいけなくなった最大の理由なのではないか、と個人的には思っている。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  3. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  4. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球