飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか(1/5ページ) - イザ!

メインコンテンツ

飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか

ITメディア
飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか
飲食店は大荒れなのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか
その他の写真を見る (1/7枚)

 「なんでよりによってこのタイミング?」と首をひねった方も多いのではないか。コロナ禍で飲食店が大打撃を受け、経営が苦しくなった店がバタバタと倒れていくなか、ニトリがファミレス事業に進出したのだ。

 チキンステーキ240gを500円、ハンバーグステーキ150gを700円、リブステーキ150gを990円という感じで、「お、ねだん以上。」のメニューを取りそろえた「ニトリダイニング みんなのグリル」だ。

 3月18日に東京都内のニトリの環七梅島店の敷地内にオープンしたことに続いて、4月27日には神奈川県相模原にあるニトリモールの近くで出店が控えているという。

 この出店のロケーションからしても、ニトリがファミレス単体で稼ごうと思っていないことは明らかだ。昼ごはんでも食べながらゆっくり家具を見てもらう。あるいは、食事のついでに足りない生活雑貨を購入する。そんな来店頻度の向上策の一つであることは容易に想像できる。

 が、それにしたってタイミングの悪さは否めない。どちらの店舗も「まん延防止措置」の対象地域なので、時短はもちろん厳しい感染対策が求められる。稼ぐことが目的ではないのなら、ワクチンがある程度普及するまで延期という選択もあったはずだ。もし慣れぬ新規事業で、クラスターでも発生させてしまったら世間から批判を浴びるかもしれない。企業イメージや店舗にも悪影響を及ぼすかもしれないリスクのある新規事業を、なぜこのタイミングでわざわざ断行したのか。

 「いろいろと時間や金をかけたプロジェクトのスケジュールを、簡単に変えられるわけないだろ」という声が聞こえてきそうだが、コロナ禍によってさまざま企業がプロジェクトの見直しを余儀なくされ柔軟に対応している。34期連続で増収増益を達成する家具業界のトップ企業が、そんな頭コチコチな役人のような感じで、なし崩し的に新規事業を始めるわけがないのだ。

 ということは考えられるのは、コロナ禍の大逆風のなかであっても、ニトリにはこのタイミングでファミレスに参入をしなければいけない事情があったということである。では、それはいったいなんなのか。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  5. 五輪開会式 米メディア「祝賀と荘厳さの組み合わせ」と論評