沖縄戦の旧日本兵遺骨 戦後76年を経て身元判明 北海道の遺族に返還

沖縄戦の旧日本兵遺骨 戦後76年を経て身元判明 北海道の遺族に返還
沖縄戦の旧日本兵遺骨 戦後76年を経て身元判明 北海道の遺族に返還
その他の写真を見る (1/2枚)

 沖縄県糸満市で見つかった遺骨が厚生労働省のDNA型鑑定により、北海道出身の旧日本兵のものと判明したことが14日、分かった。遺骨のDNA型鑑定が始まった平成15年以降、沖縄戦における身元判明は6例目となる。遺骨は同日、戦後76年を経て遺族のもとに返された。

 判明したのは歩兵第32連隊第1大隊所属の金岩外吉(かないわ・そときち)伍長=死亡当時(21)=の遺骨。同部隊は沖縄戦で最後まで奮闘し、米軍を苦しめたことで知られる。関係者によれば金岩伍長は昭和20年6月17日未明、糸満市の洞窟陣地で戦死したという。

 青森県在住のフォトジャーナリスト、浜田哲二さんと妻の律子さんが主宰するボランティアグループが平成31年3月に遺骨を発見。生存兵の証言や記録などを調べて遺族を探し出し、厚労省にDNA型鑑定を依頼した。これまでのDNA型鑑定は、遺骨のそばに認識票なども見つかっていたが、証言だけで身元が判明するのは今回が初めてという。

 遺骨は14日、厚労省から北海道庁を通じ、北海道在住の金岩伍長のおい(72)に渡された。同行した浜田さんによればおいは、「まさか帰ってくるとは思わなかった。両親や兄弟が眠る墓へ一緒に入れて供養したい」と、驚いた様子だったという。

 厚労省によると、旧ソ連や硫黄島などで見つかった遺骨のうち、平成15年から今年2月までに3595件のDNA型鑑定を実施し、うち1190件の身元が判明したが、軍民が入り交じった沖縄戦で判明するケースは極めて珍しいという。

(川瀬弘至)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」