警視庁職員に一部無罪 事故の回避「困難」 東京地裁

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

 路上で倒れていた男性を車でひいて死亡させた上、現場から立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた警視庁職員、五味丈士被告(55)の判決公判が14日、東京地裁で開かれた。井下田英樹裁判官は「前方を注視しても事故は回避できなかった疑いがある」として過失致死は無罪とした一方、ひき逃げは有罪と認めて罰金50万円を言い渡した。

 判決などによると、事故は昨年7月19日午前4時過ぎ、東京都北区上十条の環七通りで発生。五味被告は路上に横たわっていた会社員の男性=当時(21)=を車でひき、約15分後に現場に戻って119番通報した。男性は死亡した。

 井下田裁判官は、未明の幹線道路の側道に人がいることは予想できず、付近の交通状況からも男性に気付くのは「困難」と判断した。一方で、現場に戻って通報後、警察官らに事故状況などを説明しないまま立ち去っており「精神的動揺から救護義務の履行が不十分にとどまった」とした。

 東京地検の山元裕史次席検事は「判決内容を十分検討して適切に対処したい」としている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」