「大豆田とわ子と三人の元夫」初回放送 入浴シーンで「ドラゴンボール」ED曲熱唱する松たか子が話題に(2/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「大豆田とわ子と三人の元夫」初回放送 入浴シーンで「ドラゴンボール」ED曲熱唱する松たか子が話題に

 「さすがの坂元裕二脚本、初回から圧倒的な台詞劇、あるあるの積み重ねに『そんなわけねーだろ』を挟むのがうまい」「進行が早くて見逃したら、内容が分からなくなる~」など、かぶせ気味に応酬されるセリフでテンポ良く展開するストーリーに引き込まれるツイ民が続出。「一貫した重いスト-リ-よりも、その都度、遭遇した状況に対して臨機応変にセリフを散りばめて軽やかに疾走してゆくような話の展開を楽しむ感じ」「いい意味で角がとれてて。吐く毒もきつくなくて笑いに変えてくれる。コロナで心が疲れてる中ほっとさせてくれました」など、リアルだが深刻すぎないテイストも好意的に受け入れられているようだ。

 離婚しても経済的に自立してたくましく生きる主人公が劇中で呟く心の声に、「『一人でも大丈夫だけど誰かに大事にされたい』がぶっ刺さって抜けません。痛い」などと共鳴する女性視聴者の反応も散見された。「うちの母も3回結婚したんだけど、誰が好きだったのかな。誰も好きじゃなかったのかな。2番目がちょっと番外編っぽくなっちゃうのは共通点」と、身近な人に重ね合わせて共感する人も。

 独特のハスキーボイスが持ち味で、NHKのテレビアニメ「映像研には手を出すな!」の主人公、浅草みどり役など声優としても評価が高い女優の伊藤沙莉がナレーションを担当していることにも注目が集まっている。一部には、「ナレーションが多いのがちょっと気になりました」「坂本裕二脚本といえば会話劇という期待もあったからかもしれません」など、ややネガティブな感想も見られたものの、「めちゃくちゃハマっててサイコーだった」「今まで聞いてきたナレーションで一番」「生活の中にあるあるが散りばめられていて、それを沙莉ちゃんのナレーションが引き立てて思わず笑っちゃう」などと絶賛するユーザーが少なくない。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 大阪・天神橋の女性遺体発見はカラオケパブ
  3. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…