西武園ゆうえんちリニューアル 5月19日開園 「ゴジラ・ザ・ライド」に国内外から熱視線(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

西武園ゆうえんちリニューアル 5月19日開園 「ゴジラ・ザ・ライド」に国内外から熱視線

西武園ゆうえんちリニューアル 5月19日開園 「ゴジラ・ザ・ライド」に国内外から熱視線
西武園ゆうえんちリニューアル 5月19日開園 「ゴジラ・ザ・ライド」に国内外から熱視線
その他の写真を見る (1/2枚)

 西武鉄道は13日、改装を進めている西武園ゆうえんちについて、リニューアルの詳細と5月19日のグランドオープンを発表した。「ゴジラ」をテーマにした新設アトラクションに、ネット民の熱い視線が集まっている。

 リニューアルのテーマは「新しいのに懐かしい非日常のエンターテインメント体験」。1960年代の昭和時代をモチーフに、30もの店舗が並ぶ商店街エリアでは、来園客を巻き込んだライブパフォーマンスを展開。独自の園内通貨を導入し、買い物体験までアトラクション化する。「ゴジラ」をテーマにした常設のライドアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」では、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルを体験できるという。映像を映画監督の山崎貴氏が手掛けていることも注目ポイント。ファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」では、故・手塚治虫氏の漫画「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」をはじめとしたキャラクターも登場する。

 ツイッターでは、「実はまだ行ったことがないんだよなぁ 行ってみようかな」「やばい! いきたい!」「これは面白そうだ。昭和というテーマをこういう形で再現したか」など、リニューアルの内容に興味を惹かれたユーザーからのコメントが多く寄せられた。「(埼玉)県民歓喜」「所沢市、東村山市に莫大な経済的潤いをもたらすデェスティネーションが爆誕!」など、近隣住民も歓喜の声をあげている。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート