激震5年を前に鎮魂の祈り 熊本・益城町、継承誓う

熊本県益城町で開かれた追悼式で献花し手を合わせる遺族=11日午前(代表撮影)
熊本県益城町で開かれた追悼式で献花し手を合わせる遺族=11日午前(代表撮影)

 平成28年の熊本地震で震度7を2度観測し、関連死を含め45人が犠牲になった熊本県益城町は11日、発生5年を前に町文化会館で追悼式を開いた。参列者約130人は冒頭に黙祷(もくとう)し、遺族代表の長石美輪さん(41)が「あの時の経験と教訓を伝えていく」と決意を語った。【未来へつなぐ 熊本地震5年】特集を読む

 新型コロナウイルス対策で、参列者を遺族28人や西村博則町長ら町関係者などに制限。長石さんは祖父西村正敏さん=当時(88)=と祖母美知子さん=同(82)=をしのび、「経験と教訓を無駄にせず、災害に対する備えに取り組むことが大切だ」と訴えた。

 西村町長は全国からの支援に謝意を示し、「仮設住宅などでの生活を余儀なくされている方々もいる。最後の一人までしっかりと寄り添う」と式辞を述べた。

 熊本地震は28年4月14日に「前震」、16日に「本震」が起き、益城町では住宅の約6割に当たる6千棟以上が全半壊した。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走