21歳須崎 初の五輪代表 レスリングアジア予選

 レスリングの東京五輪アジア予選第2日は10日、カザフスタンのアルマトイで女子6階級が行われ、5選手による総当たりの50キロ級で21歳の須崎優衣(早大)が3試合を全てテクニカルフォール勝ちして最終戦を待たずに2位以内を確定させ、五輪出場枠を獲得した。日本協会の選考基準を満たし、初の五輪代表に決まった。

 須崎はウズベキスタン選手、韓国選手、インド選手にいずれも無失点と攻守に圧倒した。モンゴル選手と当たる最終戦で1位通過を目指す。

 女子の日本勢は57キロ級の川井梨紗子、62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)の姉妹ら5階級で既に五輪代表が決まっていた。女子が正式種目入りした2004年アテネ五輪からは5大会連続で全階級出場となる。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病