御堂筋暴走、有罪確定へ 低血糖症で意識低下

 最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は、大阪市の御堂筋で平成26年に車が暴走し3人が負傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪に問われた宮谷則幸被告(72)の上告を棄却する決定をした。3月29日付。禁錮1年6月、執行猶予3年とした差し戻し後の1、2審判決が確定する。

 判決によると、26年6月30日、低血糖症で意識が低下したまま車を走行させ、御堂筋で乗用車やトラックに衝突し、運転していた人と歩行者ら計3人にけがを負わせた。

 被告はより刑が重い危険運転致傷罪で在宅起訴された。1審大阪地裁は28年、故意が認められないと判断し、過失傷害罪で有罪としたが、被告が控訴。大阪高裁は29年、争点整理に不備があったとして審理を差し戻したが、地裁は再び有罪とし、差し戻し控訴審判決も支持した。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大