緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表

三宅正裕特定助教
三宅正裕特定助教

 【食と健康 ホントの話】

 コーヒーは適度に飲むと健康によい、ということはほぼ間違いないようだ。近年の内外の研究では、糖尿病、心血管疾患、肝硬変、大腸がんや肝がん、認知症になりにくく、全死亡率も低いという結果が報告されている。

 コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれているが、この抗酸化物質が、体を活性酸素から守っていると考えられている。

 加齢の他、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線など、たくさんのものが活性酸素が体内にたまる原因となる。過剰な活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけたり、動脈硬化を引き起こしたりして、生活習慣病をもたらす。そこで、活性酸素を除去する抗酸化物質が必要になる。

 抗酸化物質にはポリフェノールやビタミンA、C、E、カロテノイドなどがあり、毎日の食事から摂取するのが望ましい。コーヒーが好きな人、飲める人にとっては、嗜好品が健康につながるので一石二鳥だ。

 コーヒーと目の関係についての研究はあまりなかったが、京都大学大大学院医学研究科眼科学の三宅正裕特定助教、辻川明孝同教授、中野絵梨同博士課程学生を中心とした研究グループによって、昨年発表されている。

 同グループは、緑内障発症・進行の危険因子である「眼圧」とコーヒーの関係に着目。京都大学附属ゲノム医学センターが滋賀県長浜市と共同で実施する「ながはま0次予防コホート事業」(長浜スタディ)の9850人のデータを用いて、習慣的なコーヒー摂取量と眼圧との関係を調べた。

 緑内障は視野が欠けていく病気で、日本人では40歳以上の20人に1人が罹患している。進行すると視力が低下するため、現在は日本人の視覚障害の原因の第1位となっている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も