監護者審判「父母のみ」 最高裁、祖母の申し立てで判断(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

監護者審判「父母のみ」 最高裁、祖母の申し立てで判断

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 娘の離婚で孫の親代わりを長年してきた祖母が、孫の世話をする「監護者」に当たるとして、娘らを相手に孫の監護者指定を求める審判を家裁に申し立てた許可抗告審の決定で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は、民法の規定に基づき「父親と母親以外は審判を申し立てられない」との判断を示した。祖母の主張を認めた1、2審の判断を覆し、申し立てを却下した。決定は3月29日付。5裁判官全員一致の結論。

 許可抗告審では、娘が離婚後に別の男性(後に孫と養子縁組)と暮らすようになり、孫と同居する祖母が監護者指定を求めていた。子供の事実上の監護者である第三者が、監護者指定を求めることができるかが争点で、2審大阪高裁は、子の利益のためなら、父母以外も申し立てができるとの判断を示していた。

 第1小法廷は、民法では子の監護について、父母の離婚協議の規定以外に定めておらず、「申し立ては父母が予定されている」と指摘。子の利益は最も優先する必要があるが、そのことが第三者の申し立てを可能にする根拠にはならず、「父母以外の第三者は、事実上子供を監護しても審判を申し立てられないと解するのが相当」と判断した。

 また、母親とともに孫の世話をしていた祖父母が、母親の死後、孫を引き取って暮らす父親に対し、孫との面会交流を求めた別の許可抗告審でも、第1小法廷は同様に父母以外は申し立てを認めないと判断した。

■家族法制のあり方 国でも議論

 祖父母による監護者指定などの申し立てを認めなかった最高裁決定は、現行民法で父母以外からの申し立てを想定しておらず、第三者まで認めるのは解釈の限界を超える-ということを示した。ただ、虐待が絡むケースなどでは第三者の申し立てを認めるべきだとの意見もある。法制審議会(法相の諮問機関)では3月、これらの論点を含む家族法制のあり方について議論を始めた。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球