歯周病でコロナ死リスク「8倍」に 歯科医師「ウイルスが入りやすい環境を作ってしまう」 歯磨きに加え、ベロ磨きも重要に - イザ!

メインコンテンツ

歯周病でコロナ死リスク「8倍」に 歯科医師「ウイルスが入りやすい環境を作ってしまう」 歯磨きに加え、ベロ磨きも重要に

歯周病でコロナ死リスク「8倍」に 歯科医師「ウイルスが入りやすい環境を作ってしまう」 歯磨きに加え、ベロ磨きも重要に
歯周病でコロナ死リスク「8倍」に 歯科医師「ウイルスが入りやすい環境を作ってしまう」 歯磨きに加え、ベロ磨きも重要に
その他の写真を見る (1/2枚)

 歯周病の人が新型コロナウイルスに感染すると、重症化や死亡するリスクが高くなるという研究が注目されている。緊急事態宣言が解除され、感染者数も増加傾向だけに、感染防止とともに重症化しないための手立ても考えておきたいところだ。

 歯の周りに細菌が増殖し炎症を起こす歯周病と新型コロナの関係は国会でも取り上げられた。自民党の山田宏参院議員が19日の参院予算委員会で、カタールやカナダの研究者が1月に専門誌に発表した「歯周病と新型コロナ感染の重症度との関連性」という論文を紹介した。

 歯周病を持つ新型コロナ患者は検査数258のうち33人(約13%)が重症化したのに対し、歯周病のない患者では、検査数310のうち重症化は7人(約2%)にとどまった。歯周病を持つ患者は歯周病でない人に比べて死亡は8・81倍、人工呼吸器使用は4・57倍、集中治療室への入院は3・54倍、合併症発症は3・67倍リスクが増すという。

 「歯周病にならなければ、コロナにかかりにくく、重篤化しにくいことにつながることを示している」と山田氏。

 山田氏は「歯磨きなどセルフケアも大事だが、自分で歯垢や歯石はとれない。コロナ期間だけでも政府が歯科検診の補助するなど奨励すべきだ」と強調した。

 日大名誉教授で、目黒歯科クリニックの伊藤公一院長は、「歯周病菌が出すプロテアーゼなどの酵素や毒素が粘膜を傷つけ、歯ぐきや口腔内に炎症を起こすことで、新型コロナウイルスが入りやすい環境を作ってしまう」と指摘する。

 約100年前のスペイン風邪の流行でも、歯周病がない人は罹患(りかん)率が半分以下だったとの報告もあるという。

 口腔ケアについて伊藤氏は、「歯磨きに加え、ベロ(舌)磨きも重要になる。舌にはコロナウイルスがつくレセプター(受容体)があり、新型コロナの味覚障害にも関係するとされるが、舌苔(白く不潔な汚れ)を放置するとウイルスがたまりやすくなる。ただ、やみくもにベロを磨くと味覚を感じる味蕾(みらい)を傷つけることもあるので、歯科で歯やベロ磨きの方法を教わり、クリーニングを受けてほしい」と語った。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる