相場操縦罪で会社役員の男起訴 金型メーカー株めぐり 大阪地検

 ジャスダック上場の金型メーカー「ニチダイ」(京都府京田辺市)の株の売却手続きを取り、不正に株価を安定させたとされる相場操縦事件で、大阪地検特捜部は29日、金融商品取引法違反罪で大阪市港区、会社役員、山田亨容疑者(48)を起訴した。関係者によると、山田被告は相場師として知られていた。

 一方、山田被告と共謀したとして逮捕された大阪市平野区の男(52)について、特捜部は「関与の程度を考慮した」として同日付で不起訴とした。起訴猶予とみられる。

 起訴状によると、山田被告は平成30年3月9日、ニチダイの株価を増担保規制措置解除の対象となる3050円以下に抑えるため、計約37万株を相場よりも安い価格で売却するなどし、3035~3050円の間で不正に安定させたとしている。

 増担保規制措置が解除された銘柄は買いが増え、株価が上昇するケースがあるとされる。山田被告が提出した大量保有報告書によると、株価が上昇した7日後の3月16日に、3886円で23万6200株を売却していた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も