「全て柔道に懸けた人生」 古賀さん、母に闘病告げず

 五輪柔道金メダリスト古賀稔彦さん(53)の死去を受け、母親愛子さん(79)=佐賀県みやき町=は24日「全てを柔道に懸けた人生だった」と振り返った。闘病を知らされていなかったといい「突然のことで言葉が出ない」と話した。最後に言葉を交わしたのは2月上旬。好物の佐賀の焼き菓子「丸ぼうろ」を送ると、古賀さんは普段と変わらない明るい様子で「届いたよ。ありがとう」と電話をくれた。「自分の体がむしばまれていることに気付いて、私に心配かけないようにしたのかな」とおもんぱかった。

 「東京に行って強くなる」。小学校の卒業文集にそうつづったという古賀さん。子どもの頃からどんな時でも練習を休まなかった。1人残り、指導者に頼み込んで背負い投げの特訓をしていたといい「あの頃から柔道一本で生きると決めていたんだな」と回顧する。「古賀稔彦という柔道家がいたと皆の記憶に残ればうれしい。皆を喜ばせてくれてありがとう。お疲れさま」。わが子に語り掛けるように言った。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害