吉野家の「牛たんとろろ丼」に賛辞続々 「美味すぎて椅子から転げ落ちそうに…」 - イザ!

メインコンテンツ

吉野家の「牛たんとろろ丼」に賛辞続々 「美味すぎて椅子から転げ落ちそうに…」

吉野家の新メニュー「牛たんとろろ丼」
吉野家の新メニュー「牛たんとろろ丼」

 牛丼を主力商品とする大手外食チェーンの吉野家が18日に数量限定で発売した新メニュー「牛たんとろろ丼」に、実食済みのユーザーから「こりゃサイコー」「超うまかった!」などと絶賛する声が相次いでいる。

 同商品は、生の牛タンをフライパンで短時間で焼き上げることで肉の旨味をぎゅっと閉じ込め、しっとりとした柔らかい食感に仕上げているのがポイント。ローストした玉ねぎと長ねぎ、ガーリックをふんだんに使用した特製ねぎ塩ダレと刻んだ青ねぎをトッピングし、牛たんと相性の良いとろろを添えている。

 とろろは「長芋」「大和芋」「大薯芋(だいじょいも)」の3種をバランス良く配合するなどこだわっており、味わい深い牛たんにかけることでさっぱりと食べることができるという。価格は税込み877円(持ち帰りは861円)で、在庫がなくなり次第販売終了となる。

 18日の発売直後から実食レポが相次ぎ、「こりゃサイコー」「超うまかった!」とべた褒めするユーザーが続出。とくに「濃厚なねぎ塩だれの牛タンをさっぱりしたとろろに絡めて食べたらめっちゃ美味い~」「吉野家で800円超えというのはアレですが、とろろと牛たんの相性が絶妙です」「牛タンも美味しいけど思いのほか長芋が美味しかった」などと、こだわりの「とろろ」とのマッチングを絶賛する声が多く聞かれる。なかには「美味すぎて椅子から転げ落ちそうになるぐらい美味しかったです」とコントのワンシーンを思わせる表現も見られた。

 ほかにも「ちょっと高いのがあれだけど店で食えば味噌汁と漬物が付くので良いと思う」「大盛が選べないけど、元々ちょっと大盛」といった感想や、後々忘れないように「めも。牛たんとろろ丼」と書き留めるユーザーも。

 なかには「とろろは別皿が良いなぁ…」「とろろを別盛りにできるのかなぁ。最初ねぎ塩牛たん丼で食べて、途中から牛たんとろろ丼で2度楽しめるから」とのリクエストや、現在は牛タンを使用した唯一のメニューだけに「吉野家の牛たんは定番商品化してほしいところ」との意見もある。とろろが苦手だと思われるユーザーからは「とろろ抜きでってオーダーは通るんかなぁ」との疑問も書き込まれていた。

 よっぽど美味しかったのか、「自分のタンも噛んじゃった笑」という書き込みも発見できた。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言
  2. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」
  3. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は