KEIKO、小室氏とは二度と関わりたくない!? 3年超に及ぶドロ沼離婚成立

ZAKZAK
小室哲哉氏(左)、KEIKO
小室哲哉氏(左)、KEIKO

3年超に及ぶドロ沼離婚劇を経て先月末離婚が成立した小室哲哉氏とKEIKO。

「KEIKOさん直筆の離婚報告文書は大きな話題を呼びました。そもそも18年に不倫が報じられた際、小室さんは会見で、KEIKOさんがくも膜下出血の後遺症で小学校4年生のドリルをやっているなどと明かすことで同情を引きました。今回のしっかりとした直筆の文字で、それがウソだったことがわかると同時にKEIKOさんの体調への安心感、小室さんへの批判の声が強まっています」(スポーツ紙記者)

それにしても複雑なのはglobeのもう一人のメンバー、マーク・パンサーだろう。

「今回、「週刊女性」の取材を受けて2人の離婚を知ったというマークは、解散を強く否定していたそうですが、2人の離婚で活動の可能性は限りなく0になった」(前出・スポーツ紙記者)

また、「女性自身」によると、小室氏は、「globeを含めていろんなことで音楽のお手伝い、協力だったりだとかが必要であれば、惜しまずもちろん」などと語っているとか。

やっと離婚できたKEIKOにしてみれば、小室氏とは二度と関わりたくないと思っているのだけは間違いないだろう。 (zakzak編集部)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ