吉本契約終了の加藤浩次、本当に牽制したかったのはテレビ局? 演芸関係者「勝手に忖度のほうが現実味ある」

 演芸関係者はいう。

 「確かに吉本側も、加藤は会長、社長に牙をむいたわけですから、社内的には腹に据えかねる部分もあるでしょう。しかし、それ以上に、加藤との契約にはうまみがもうないということですよ。地上波の番組が2つ終わった上、ギャラ配分でも吉本側の取り分は少ない。メリットがなければ、契約を続ける意味もないというわけです」

 さらにこう続ける。

 「逆に、加藤の発言のほうが切実です。契約が終了するという事態は、当初から想定されてきたこと。こうなることを見越した上で、テレビ局を牽制(けんせい)したのです。吉本が何かするというより、テレビ局が勝手に忖度(そんたく)することのほうが、ずっと現実味がある。仲の良い元SMAPの香取慎吾のケースもみていますから、これが本音ということです」

 だからといって、加藤の立場が安泰というわけではない。

 「完全なフリーになったわけですから、新しい仕事は自分で努力しないと得られない。そして、何より、きちんと結果を出さないと、すぐに切られてしまいます。テレビ業界もコロナでかなりシビアになっていますからね」とは民放関係者。

 厳しい春の訪れだ。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  4. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  5. 「なんてバカなくそ野郎だ」 バイデン大統領が記者に暴言