生誕80+3周年記念伊東四朗主演、落語ベースの東京喜劇「みんながらくた」 芸達者たちによる間を堪能

伊東四朗(左)の舞台をラサール石井(右)らが支える
伊東四朗(左)の舞台をラサール石井(右)らが支える

 笑える、ということは何も声を上げての爆笑や腹を抱えることばかりではない。無言やクスクス、ニヤニヤだってある。笑いの質は多彩だ。

 東京・下北沢の本多劇場で上演中の舞台『みんながらくた』(14日千秋楽)は笑いの生地を幾重にも重ね、東京喜劇のおかしみを見せてくれる。

 俳優の伊東四朗の生誕80+3周年記念と、何とか周年行事のように見立てた舞台で、伊東を中心にラサール石井(65)、戸田恵子(63)、小倉久寛(66)らが喜劇のとりでを作り上げる。

 石井が劇作家の田村孝裕(44)にオーダーしたのは、落語ベースの物語。落語をそこそこ聞いたことがあると、物語の骨格が落語「井戸の茶碗」と分かる。さらに落語「猫の皿」のやり取りを意識したせりふに気づけば、自分はちょっとした落語聞きだと納得できる。

 落語の井戸茶はいい人ばかりが登場する。武士も浪人も商売人も、周囲の人も。舞台では、訳ありの人々が物語を分厚くする。

 「がらくたや」の店主で、連れ合いが亡くなった直後から5年間も閉店セールをしているのが伊東、バツイチの娘が戸田、ギャンブル好きのご近所が石井と絡み合うのは複雑な人々だ。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  3. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病