寺地が8度目の防衛戦 ボクシング、4月に久田と

WBCライトフライ級戦が決まった王者の寺地拳四朗(左)と挑戦者の久田哲也=8日、大阪市
WBCライトフライ級戦が決まった王者の寺地拳四朗(左)と挑戦者の久田哲也=8日、大阪市

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が、同級1位の久田哲也(ハラダ)と4月24日に大阪市のエディオンアリーナ大阪でタイトルマッチを行うことが8日、主催者から発表された。寺地は8度目の防衛を目指す。この一戦は昨年12月に予定されていたが、寺地が泥酔して起こした不祥事により、中止となっていた。

 日本ボクシングコミッション(JBC)から科された3カ月のボクサーライセンス停止期間を終えた寺地は、大阪市内での記者会見で「たくさんの方に迷惑を掛けて申し訳ない気持ちでいっぱいだった。久田選手とまた組んでいただいて感謝している。すてきな試合を見せたい」と語った。

 2度目の世界戦となる久田は「前回は重圧を感じていたけど、今回はしっかり気持ちも整えて100パーセントの力を発揮したい」と闘志を燃やした。

 通算成績は29歳の寺地が17戦17勝(10KO)、36歳の久田は46戦34勝(20KO)10敗2分け。

  1. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」