ダルビッシュ、OP戦初登板で2回無失点 最速155キロ「今までのキャリアでは今が一番いい」

ダルビッシュ、OP戦初登板で2回無失点 最速155キロ「今までのキャリアでは今が一番いい」
ダルビッシュ、OP戦初登板で2回無失点 最速155キロ「今までのキャリアでは今が一番いい」
その他の写真を見る (1/6枚)

(米大リーグ・オープン戦、パドレス3-4ロイヤルズ、7日=日本時間8日、アリゾナ州ピオリア)パドレスのダルビッシュ有投手(34)がロイヤルズ戦でオープン戦初先発。2回を投げ1安打無失点、無四球、4三振、28球だった。直球の最速は96マイル(155キロ)をマークした。

「自分のペースで投げられた。きょうは特に(直球の)球が強かったし、伸びがあった。(相手打者は)変化球が頭にあるので、真っすぐが効くのかな、と思います」

一回、先頭の2018、19年ア・リーグ最多安打のメリーフィールドと2番ベニンテンディを連続で空振り三振。次打者のモンデシーに右前打を許すが、ソレアは見逃し三振に仕留めた。

二回はオハーンを遊飛、テイラーは遊ゴロ、マクブルーブは空振り三振。28球中、ストライクは20球で71%の高確率だった。

「まだ(オープン戦で先発)1試合目なので、これからよくない先発も出てくる。きょうは投げられたことにホッとしている」

ここまでの手応えは十分。登板後のオンライン会見では、米メディアからカブス時代と比べて、状態はどうか?と聞かれ「今までのキャリアでは、今が一番いいんじゃないかな」と即答した。新天地でも、新たなチームメートとなじんでいるようで、投球の調整とともに順調に快適に過ごしている。

  1. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  2. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」