五輪代表の素根が優勝 柔道GS、影浦、梅木らV

素根輝
素根輝

 柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会最終日は7日、ウズベキスタンのタシケントで男女計5階級が行われ、東京五輪代表で女子78キロ超級の素根輝が優勝した。初戦の2回戦から3試合連続一本勝ちで進んだ決勝で、ベアトリス・ソウザ(ブラジル)を指導3による反則勝ちで退けた。実戦は2019年11月以来だった。

 男子100キロ超級の影浦心(日本中央競馬会)は初戦から4試合を一本勝ちし、決勝では実力者の金成民(韓国)に優勢勝ちして頂点に立った。

 16年リオデジャネイロ五輪代表で女子78キロ級の梅木真美(ALSOK)は決勝でクロアチア選手に快勝し、4試合全て一本勝ちで優勝。日本女子は7階級のうち6階級を制覇した。

 男子90キロ級の長沢憲大(パーク24)は決勝でダフラト・ボボノフ(ウズベキスタン)に延長の末、優勢勝ちした。100キロ級には日本勢が出場していない。(共同)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP