大阪・関西万博

未来は、夢じゃない 開幕まで1500日

【大阪・関西万博】未来は、夢じゃない 開幕まで1500日
【大阪・関西万博】未来は、夢じゃない 開幕まで1500日
その他の写真を見る (1/2枚)

2025年大阪・関西万博は5日、開幕まで1500日となった。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、会場の大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)で最先端技術による次世代空間を創出。新型コロナウイルスの収束と本格的な少子高齢化を見据え、健康・医療やエネルギー、デジタル化などの分野で「持続可能な社会」を提示する。日本経済の起爆剤として期待されるだけに機運醸成が課題となる。

政府は昨年12月に閣議決定した基本方針で「万博を契機に『課題解決先進国』として、一人ひとりが可能性を最大限発揮できる持続可能な社会を推し進める」と表明。万博で「ポスト・コロナ時代に求められる社会像」を示すとした。

155ヘクタールの会場では「空飛ぶクルマ」を実体験できるエリアのほか、脱炭素社会に向け再生可能エネルギーを活用した展示などを検討している。仮想現実(VR)などの技術を導入し、足を運ばなくてもオンライン上で参加できる「バーチャル万博」を目指す。

大阪府市は「REBORN(リボーン、生まれ変わり)」をテーマに地元パビリオンの準備を進める。今秋にインターネット上で「バーチャル大阪館」(仮称)を開設する計画だ。

吉村洋文知事は産経新聞のインタビューに「地元パビリオンでは、健康・医療の分野で簡単にまねできない高付加価値の都市の魅力を発信する」と強調した。

一方、会場建設費は当初計画の1・5倍の約1850億円に膨らんだ。サイバー空間を含むテロ対策や安全安心の確保も課題だ。

国は、150カ国・25国際機関の参加を目標とし、開催期間中の来場者を2820万人と見込んでおり、若者らの関心を高め、コロナ後に訪日外国人客(インバウンド)を呼び込めるかが鍵になる。

「半世紀後も素晴らしさ伝わるよう」 万博担当相・井上信治氏

新型コロナ禍で人々の気持ちがすさみがちな時に、希望の持てる夢ある万博(の準備)を進めることは国民にとっていいことだ。「いのち」がテーマだが、感染症対策も含めライフサイエンス(生命科学)への国民の関心が高まっていて、非常に良いタイミングといえる。

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析