大谷翔平、バックスクリーン越えの約143メートル特大2ラン オープン戦1号

大谷翔平、バックスクリーン越えの約143メートル特大2ラン オープン戦1号
大谷翔平、バックスクリーン越えの約143メートル特大2ラン オープン戦1号
その他の写真を見る (1/2枚)

(米大リーグ・オープン戦、エンゼルス6-2レンジャーズ、3日=日本時間4日、アリゾナ州・テンピ)「2番・DH」でスタメン出場したエンゼルスの大谷翔平投手(26)は五回の第3打席にセンターのバックスクリーンを越える推定飛距離142・6メートルの特大弾を放つなど、2打数1安打2打点だった。試合は6イニング制の特別ルールで行われた。

第1打席は四球。第2打席は無死二塁で二ゴロに倒れた。ハンズ・クラウズと対戦した第3打席、2-1の五回無死二塁ではフルカウントからの8球目、外角高めの球に角度をつけると、打球はぐんぐん伸び、センターのバックスクリーンを越えた。

打球初速は107マイル(172・2キロ)。推定飛距離は、球団広報によると142・6メートル。大谷にとってオープン戦での本塁打はメジャー4年目(71打席目)で初めて。キャンプでの長打も初めてとなった。

大谷は本塁打について「風もあったので、飛距離がどうのこうのというのは分からない。いい角度で上がっているということは、いい(スイングの)軌道で(ボールを)捉えられているということ」と手応えを口にした。

なお投手としてのオープン戦初登板は、5日(日本時間6日午前5時10分開始予定)のアスレチックス戦(敵地メサ)で先発することが決まっている。今回のテーマについて「基本的には真っすぐが軸になると思うので、真っすぐの質かなと思います」と話した。2月27日(同28日)の実戦形式の投球練習では、右肘手術前の2018年5月に記録して以来、約3年ぶりに直球の最速が100マイル(約161キロ)をマークしている。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗