南座で中村壱太郎、尾上右近らが「流し雛」

南座で中村壱太郎、尾上右近らが「流し雛」
南座で中村壱太郎、尾上右近らが「流し雛」
その他の写真を見る (1/2枚)

京都・南座「三月花形歌舞伎」(6~21日)に出演する歌舞伎俳優の中村壱太郎(30)、尾上右近(28)、中村米吉(27)、中村橋之助(25)が3日、同所で「流し雛」のイベントを行った。

「流し雛」は、世界遺産・下鴨神社(京都市左京区)の境内に流れる御手洗川で行われる桃の節句の恒例行事。人形を身代わりにして川や海に流し、厄を祓って、無病息災を祈念するものだが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったこともあり、南座の舞台の床に敷いた水色の布を川に見立てて開催した。

「アンダー30の花形歌舞伎。緊急事態宣言が明けたばかりの関西で、まだまだ気の抜けない生活を送られている方も多いと思いますが、観劇の間だけは晴れやかな舞台、空間をお楽しみいただきたい」と壱太郎。

橋之助は「南座の花形歌舞伎は、父(中村芝翫)も若いときから出させていただき、その姿を小さいころからずっと見ておりました。父の魂を込めた汗が染みこんでいる舞台で父にも負けず、精いっぱい勤めたい」と意気込んだ。

公演では歌舞伎三大名作の一つ「義経千本桜」より、「吉野山」と「川連法眼館」を上演する。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!