ダルビッシュ、2度目の実戦登板で155キロ 「よかった」と手応え

2度目のライブBPに登板したパドレスのダルビッシュ有投手(撮影・山田結軌)
2度目のライブBPに登板したパドレスのダルビッシュ有投手(撮影・山田結軌)

米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手(34)が2日(日本時間3日)、アリゾナ州ピオリアで行われた春季キャンプで2度目のライブBP(米国式の打撃投手)に登板。2イニングを想定し、7打席で29球を投げた。1安打、2三振で直球の最速は96マイル(約155キロ)をマークした。

「よかった。カッターもよかったし、スライダーもよかった。カーブもうまいことストライクゾーンに投げられた」

2月25日(同26日)の前回に20球を投げてから、中4日の間隔で臨んだ2度目の実戦マウンド。メジャー40人枠入りしている若手打者を相手に野茂英雄・球団アドバイザー(52)から助言を受けているフォークボールを多投。「落ちはすごくよかった。この数年スプリットをけっこう、武器にしているところがあったけど、あんまり落ち方が安定しないのが自分のスプリット。それがだいぶなくなって全体的に落ちている」と手応えを得た。

投球後には、カブスからともにトレード移籍し専属捕手を務めるカラティニと談笑。1イニング目が終わった際に「あまり球速が出ていない」といわれたという。しかし、終わってみればコンスタントに94、95マイル(約151、153キロ)をマーク。ダルビッシュは相棒に向かって「僕が(球速は)出てるだろう? みたいなことを言って、あいつがちょっと笑って、それで盛り上がっていました」とやりとりを明かした。

次回の実戦登板は、中4日で7日(同8日)のロイヤルズ戦(ピオリア)、もしくはシート打撃などで調整を進めるとみられる。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?