ヒューマン

永山絢斗が語る俺の家の話 小学生の頃は父と将棋「ドミノ倒しでお小遣い」 兄・瑛太との共演「正直照れくさかった」

 コロナ禍だから絆の尊さに気づいた。今作に出演して「家族とか実家って、やっぱりいいなと思います」と実感を込めた。今年の目標について「休日に何を感じるか」と感受性磨きを意識。「俳優としてさらに新しいものをつかみたい」と穏やかな口調ながら強い決意をにじませた。

◆役所広司から刺激「台本読む回数多い」

 永山演じる踊介は今後、さくら(戸田)に恋心抱くことになり、「さくらに舞い上がっちゃうシーンを面白おかしくやったら、女性スタッフが気持ち悪がってました」と渾身の演技にも苦笑。最近は筋トレにも力を入れ、「お酒を飲むと効果が薄くなる聞き、あまり飲まなくなった」と健康的だ。7月1日には出演映画「峠 最後のサムライ」(小泉堯史監督)が公開。主演の役所広司(65)について「本当に芝居が上手。周りの方から役所さんは台本を読む回数が多いと聞きました」と刺激を受けていた。

  1. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. KDDI、通信障害の原因は設備故障

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?