米国務長官に移送停止要請 ゴーン被告逃亡支援の親子

ブリンケン米国務長官=17日(AP)
ブリンケン米国務長官=17日(AP)

元日産自動車会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を支援したとして拘束された米国人親子2人の弁護側が、ブリンケン国務長官に、日本への身柄引き渡し手続きを停止するよう要請する書簡を送ったことが17日分かった。連邦最高裁は13日、親子の移送を認める決定をしている。

書簡は3日付。バイデン政権として移送の是非を判断することを求め、手続きを30~60日遅らせるよう要請。少なくとも、親子が2回目の新型コロナウイルスワクチン接種を済ませた後の今月25日まで引き渡さないよう求めた。

引き渡した場合でも、親子が米国で拘束されてから約9カ月間の勾留日数を日本での判決に算入することや、刑を米国内や日本の米軍施設内で受けることを日本側に要求するよう訴えた。(共同)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿