ファンデルプールが世界新 スピードスケート世界選手権

スピードスケートの世界選手権最終日は14日、オランダのヘーレンフェインで行われ、男子1万メートルで24歳のニルス・ファンデルプール(スウェーデン)が12分32秒95の世界新記録で制した。従来のタイムを0秒91短縮。5000メートルとの2冠を飾った。

男子1500メートルはオランダ勢が表彰台を独占しトマス・クロルが1分43秒75で優勝、キエルド・ナウシュが2位。女子1500メートルはラグネ・ビクルント(ノルウェー)が1分54秒61、同5000メートルはイレーネ・スハウテン(オランダ)が6分48秒53で勝った。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は