米艦が南シナ海パラセル諸島で航行の自由作戦 バイデン政権下で初

ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(AP)
ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍第7艦隊は5日、同艦隊所属のミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島周辺で現地時間の同日、「航行の自由作戦」を実施したと発表した。バイデン政権が発足後、米海軍が南シナ海で航行の自由作戦を実施するのは初めて。

同艦は4日に台湾海峡を通過している。

第7艦隊報道官は声明で「中国による南シナ海全域での不法な権益の主張は、航行や飛行の自由を含む海洋の自由に対する深刻な脅威だ」と指摘した上で、「米国は航行の自由を根本原則として支持していく」とし、中国への対抗姿勢を鮮明にした。

パラセル諸島は、1974年に中国が当時の南ベトナム軍との戦いを経て支配下に置き、現在も中国に加えベトナムと台湾が領有権を主張している。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」