「日本人が最も行かない国?」ナウルの自虐ツイートが話題 ネット「コロナ終息したら行きたい」

iza
ナウル共和国政府観光局のツイート
ナウル共和国政府観光局のツイート

 南太平洋の小さな島国、ナウルの政府観光局日本事務所の公式ツイッターが投稿した4日の書き込みがネットで注目を集め、SNS上で拡散している。

 この日、ナウル共和国政府観光局のツイッターは「え?」と投稿。そこには検索サイトに「ナウル」と入れると、関連キーワードが「ナウル 行かない」と表示されたスクショが添付されていた。

 同国関係者にとっては何ともショッキングな関連ワード。それを自虐したかのようなツイートはネットで大きな話題となった。同国のつぶやきを多くのネットユーザーが「ナウル 行かない(?)って呼びかけの意味ですよきっと!」「いや、これには最後『?』がつくんですよ!!!「ナウル行かない?」って誘ってるんです、そうです!!」「あの、ほら、このご時世ですし…もしも非感染国のナウルにに感染してる人が入ってしまったらナウルもどんどん広がってしまいますから…」「コロナ終息したら行きたい」などとフォロー。また、かつて、人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が、同国を「日本人が最も行かない国」などと紹介していため、このようなワードが出てくるのではと推測するフォロワーもいた。別の検索窓のスクショを添付するネットユーザーも多く、そこには「ナウル 美人」「ナウル 行き方」など、ポジティブな関連ワードが並んでいた。

 同アカウントはこれまでもユニークな投稿で話題となっており、1月30日には「え!!人口1.3万人の国でフォロワー13万人を!?」とツイート。この投稿には5日午前11時半の時点で2万を超える「いいね」がつき、「おめでとうございます!」「すごい。なにが起こっているんだ……?「フォロワー数が10ナウルw」といった返信が寄せられた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!