暴走する中国の「覇権主義」に対抗なるか! 英国のTPP参加・空母アジア展開 中山泰秀防衛副大臣が激白「日本は自由主義の価値観広めよ」(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

暴走する中国の「覇権主義」に対抗なるか! 英国のTPP参加・空母アジア展開 中山泰秀防衛副大臣が激白「日本は自由主義の価値観広めよ」

中山泰秀防衛副大臣
中山泰秀防衛副大臣

 ボリス・ジョンソン首相率いる英国は1日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟を正式申請した。欧州連合(EU)離脱を受けた経済戦略の柱と位置付けるとともに、香港の旧宗主国として事実上の「中国包囲網」に参加する可能性もあるようだ。習近平国家主席の中国は同日、海警局(海警)に武器使用を認める海警法を施行したが、自由主義諸国の厳しい対応を受け、軍事的覇権拡大路線に変化があるのか。日本はどう対処すべきか。自民党の論客、中山泰秀防衛副大臣が夕刊フジに激白した。

 「英国が、アジアに深く関与するのは非常に素晴らしい。高く評価したい。日本の後押しもあり、英国はTPPに参加する勇気をかき立てた。日米が主導する『自由で開かれたインド太平洋』戦略を推進する枠組み(FOIP)にも、いずれ参加するだろう」

 中山氏は1日、英国のTPP加盟の正式申請について、こう語った。

 ジョンソン政権は、EUの規制から英国を解き放ち、世界全体への影響力拡大を図る「グローバル・ブリテン」構想を掲げている。TPP加盟は、コロナ禍の中で英国経済の競争力向上とともに、安全保障分野でもアジアや世界に存在感を示すことにもつながる。

 現に、英国は今春以後、アジア地域に最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を含む空母打撃群を長期間展開させ、自衛隊や米軍と共同訓練を行う予定だ。

 英紙デーリー・テレグラフは1月末、英国が、日米、オーストラリア、インドの4カ国で構成される事実上の中国包囲網「QUAD(クアッド=日米豪印戦略対話)」に参加する可能性があると伝えた。

  1. ユニ・チャームが「半透明マスク」を新発売 予約開始7時間で完売
  2. 【指揮官一問一答】巨人・原監督が綱渡りのポーズ「1点で引き分けるのはやっぱり簡単ではない」
  3. 巨人・原監督、坂本、菅野ら6人が紺綬褒章を受章 新型コロナ支援で
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」