深刻な米国内の分断、団結を高める劇薬は「結束のための対外的危機」 同盟国・日本の役割はバイデン政権を支えること(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

深刻な米国内の分断、団結を高める劇薬は「結束のための対外的危機」 同盟国・日本の役割はバイデン政権を支えること

 【日本復喝】

 ジョー・バイデン氏が第46代米国大統領に就任した。就任演説でバイデン氏は、分断ではなく統合を目指し、融和や団結の必要性を訴えた。

 だが、残念ながら、米国内の分断はおいそれとは修復しないだろう。深刻な亀裂は、一朝一夕で生じたものではなく、おそらく多くの日本人が思う以上に根深いのだ。

 米メディアなどは、あたかもドナルド・トランプ前大統領が分断を招いた元凶のように報じてきた。確かに、トランプ氏の過激で時に下品な発言が、熱狂的な支持者を煽り、彼を支持しない人々を刺激してきた面は否定できまい。

 だが、米国の抱える病理はそんな表層的なものではないのである。分断の萌芽(ほうが)は、2008年のリーマン・ショックに端を発する景気後退を背景に顕在化した。

 翌09年、バラク・オバマ政権が誕生すると、医療保険改革制度(オバマケア)などに象徴される「大きな政府」に反対する、草の根の抗議行動「ティーパーティー(茶会)運動」が全米に広がった。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる