4年死に体バイデン大統領は「悪夢の米民主党政権」に 中国・ウクライナや認知症疑惑…「エプスタイン問題」も大きな爆弾 大原浩氏緊急寄稿(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

4年死に体バイデン大統領は「悪夢の米民主党政権」に 中国・ウクライナや認知症疑惑…「エプスタイン問題」も大きな爆弾 大原浩氏緊急寄稿

4年死に体バイデン大統領は「悪夢の米民主党政権」に 中国・ウクライナや認知症疑惑…「エプスタイン問題」も大きな爆弾 大原浩氏緊急寄稿
4年死に体バイデン大統領は「悪夢の米民主党政権」に 中国・ウクライナや認知症疑惑…「エプスタイン問題」も大きな爆弾 大原浩氏緊急寄稿
その他の写真を見る (1/2枚)

 前代未聞の選挙戦の末に誕生した民主党のジョー・バイデン米大統領(78)だが、これからの4年間は波乱含みだ。国際投資アナリストの大原浩氏は緊急寄稿で、ドナルド・トランプ前大統領(74)の人気が根強いうえ、政権の周囲には疑惑が山積しており、「悪夢の米民主党政権」になる恐れがあると指摘した。

 20日の大統領就任式は無事執り行われた。それまでの激しい選挙戦を考えれば、意外にあっけない幕切れとも感じる。また、平和的な政権移行には、トランプ前大統領の「民主主義と平和への強い思い」も感じた。

 しかし、米国民が世間を騒がせた不正選挙問題を忘れたわけではない。17日に発表されたワシントン・ポスト紙とABCの共同世論調査で、国民の32%が「大統領選でバイデン氏は正当に勝利しなかった」と答えたことが明らかになった。

 偏向メディアやビッグテック(巨大IT企業)を総動員して「臭いものに蓋」をしても、年齢的にも2期目はないものと考えられるバイデン氏の「4年レームダック(死に体)」政権の先行きは暗い。

 問題はそれだけではない。バイデン氏の息子、ハンター氏らが絡んだ中国・ウクライナ関係の疑惑が渦巻く。

 また、1回目のトランプ氏弾劾の理由とされたロシア疑惑が、バラク・オバマ元大統領らによってでっちあげられたとされる「オバマゲート」がある。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 大阪・天神橋の女性遺体発見はカラオケパブ
  3. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…