「トイレ醜聞」「クラブ入会拒否」の屈辱を受けるイバンカ・トランプの孤城落日(1/4ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「トイレ醜聞」「クラブ入会拒否」の屈辱を受けるイバンカ・トランプの孤城落日

トランパーたちを熱狂させる話術は父親譲り(AFP=時事)
トランパーたちを熱狂させる話術は父親譲り(AFP=時事)

 厳戒態勢のなかで行われるジョー・バイデン氏の大統領就任式を尻目に、ドナルド・トランプ氏とその一族郎党がワシントンを去っていく。トランプ政権の4年間、「親の七光り」ではあるものの、その美貌と知性で「ファーストドーター」として世界中を飛び回り、大統領補佐官として父親の目となり、耳となってきたトランプ氏の長女イバンカさん(39)。その夫君のジャレット・クシュナー上級顧問(40)も例外ではない。

 夫妻はワシントン市内の超高級住宅地カロラマの豪邸から、まさに「石をもて追わるるごとく」追い出される羽目になっている。カロラマは由緒あるサンクチュアリだ。ウッドロー・ウィルソン第28代大統領はじめ歴代5人の大統領が退任後、カロラマを終の棲家に選んでいる。現在はバラク・オバマ前大統領も住んでいるほか、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏はじめ全米でも指折りの富豪が多く暮らす。副大統領公邸やフランス大使公邸もある。

 そのカロラマにクシュナー夫妻が居を構えたのは、トランプ氏が大統領選挙を制した直後の2016年12月。638平方メートル、寝室6つ、バス・トイレ6つの豪邸に子供3人と住んでいる。ホワイトハウスへは車で9分。当然24時間、シークレットサービスが身辺警護に当たってきた。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 大阪・天神橋の女性遺体発見はカラオケパブ
  3. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…