新たな空洞か 東京・調布の陥没事故 外環道

 陥没事故があった東京外郭環状道路(外環道)トンネル工事現場に近い東京都調布市の地中で14日、新たに空洞とみられるものが見つかった。東日本高速道路から連絡を受けた国土交通省が明らかにした。

 国交省によると、東日本高速がボーリング調査中、地表から約16メートルの地点で抵抗がなくなり、地下水がたまっているのを確認した。空洞とみて調べている。

 陥没は昨年10月に発生。付近では11月に空洞2カ所が見つかった。東日本高速は12月、「トンネル工事との因果関係を認めざるを得ない」として周辺住民らに謝罪した。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国