菅首相記者会見詳報

(1)首相「厳しい状況を好転させるには欠かせない措置」

緊急事態宣言地域に7府県が追加され記者会見に臨む菅義偉首相=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
緊急事態宣言地域に7府県が追加され記者会見に臨む菅義偉首相=13日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は13日の記者会見で、新型コロナウイルス対策となる特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に京都、大阪、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の計7府県を追加したことを明らかにした。期間は2月7日まで。会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、緊急事態宣言の対象に栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の7府県を追加することを決定しました。期間は2月7日までであります」

 「先の1都3県に続き、他の地域においても厳しい状況が続いています。皆さんも不安に感じておられることと思います。しかし、この厳しい状況を好転させるためには欠かせない措置であることをご理解たまわりたいと思います。必要なことはあらゆる手段を尽くして取り組んでまいります。制約の多い生活でご苦労をおかけいたしますが、なんとしても乗り越えていかなければなりません。国民の皆さんのご協力をお願い申し上げます」

 「追加した7府県については新規感染者数、病床の利用率などいわゆる『ステージ4』に相当する指標が多いこと。東京圏、関西圏、中部圏、福岡県、こうした大都市に人口が集中しており、全国に感染が広がる前に対策を講じる必要があること。こうした要素に基づいて専門家のご意見もうかがい、判断しました」

 「対策の内容は、前回と同じく飲食店の夜8時までの(営業)時間短縮、テレワークによる出勤者数7割減、特に夜8時以降の不要不急の外出の自粛、スポーツ観戦、コンサートなどの入場制限。こうした4つの対策になります」

 「今回対象になる地域以外にも、『ステージ4』に向けて感染が拡大している地域については、緊急事態宣言に準じる措置として、飲食店の時間短縮など同じ4つの対策を講じる場合には国として宣言の対象地域と同じ支援を行うこととします。タイミングを逸することなく効果的な措置を講じてまいります」

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」