【主張】成人の日 世代協力し未来を築こう - イザ!

メインコンテンツ

主張

成人の日 世代協力し未来を築こう

 成人の日を迎えた皆さんの人生が豊かなものであるよう、心から祈らずにはいられない。

 逆風が世界で吹き荒れている。だからこそ、むしろ、若い力で懸命に進んでいってほしい。

 新型コロナウイルスの国内の状況は予断を許さない。再び緊急事態宣言が出された。各地で感染の拡大が深刻化している。

 成人式の式典も中止や延期になったところが多い。オンライン開催にしたところもある。

 式典への参加を楽しみにしていた人もいただろう。しかし落胆しないでほしい。

 新成人だけではない。今は感染を抑えるため、自覚ある人は多くのことに耐えている。式典はできなくても、新成人の門出をだれもが祝っている。

 成人の日を機に、大人としての自覚を深め、コロナ禍の克服にさらに協力してほしい。

 若者の感染は多い。予防に気を付けるのは自分のためだけではない。高齢者をはじめ他の人にうつさないためだ。感染を拡大させるような行動を取っていないか、改めて振り返ってもらいたい。

 新成人に限らず、コロナ禍のため、仕事や学業でさまざまな困難に直面している若者も多いだろう。そこから抜け出すためにも感染を収束させることが重要だ。

 コロナ禍だけではない。日本の少子高齢化は進んでいる。地球温暖化も深刻な問題だ。日本を取り巻く安全保障環境も安心してはいられない。

 新成人にとっては現在だけでなく将来も、逆風ばかり吹いているように思えるかもしれない。

 それでも世の中、捨てたものではない。仕事でも学業でも、それぞれの分野でできることに力いっぱい取り組んでもらいたい。

 白血病と闘ってきた競泳女子の池江璃花子は、昨夏、20歳になった。そして実戦に復帰した。改めて拍手を送りたい。病にもコロナ禍にも負けずに進む姿が、どれほど多くの人に勇気を与えてくれたことか。

 脚光を浴びなくてもいい。逆境にあっても懸命に、ひたむきにがんばる若者の姿は、周囲に力を与えてくれる。

 新成人を迎える大人社会も、さらにがんばりたい。世代を超えて協力し合い、まずはコロナ禍を克服しよう。そして共に未来を築いていきたい。

  1. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(2)「エンジンが高速回転」「ブレーキいっぱい踏んだ」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. ユニ・チャームが「半透明マスク」を新発売 予約開始7時間で完売