史上初の無観客紅白が開幕 内村光良「笑顔で来年を迎えられますように」

 「第71回NHK紅白歌合戦」が31日午後7時半、スタートした。

 新型コロナウイルス禍に揺れた2020年。年の瀬の風物詩も1951年の第1回以降、初めてとなる無観客で開催された。

 おなじみの会場である東京・渋谷のNHKホールは無観客開催を逆手に取って1階客席(全26列)を最前列から9列まで中央・左右のブロック全て潰してセットに変更し、舞台上でもソーシャルディスタンスを保つことが可能となった。ホールの2階席には特設ステージが用意され、他にも101スタジオなど複数の場所から中継をつなぐ。

 また、審査員も別室からリモートで参加するなど新しい紅白様式で展開する。

 オープニングは、4年連続総合司会でお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良(56)が「今回はコロナの影響で史上初めての無観客紅白となりました」とあいさつ。紅組司会の女優、二階堂ふみ(26)が「お客さんはいませんが、今年ならではのステージをいっぱいお見せできると思います」と続き、白組司会の俳優、大泉洋(47)が「テーマは『今こそ歌おう みんなでエール』。我々も精一杯盛り上げていきましょう!」と力強く宣言。

 最後に内村が「ことし、私たちの生活は一変しました。人との触れ合いは制限され、なんかもどかしい気持ちで。でもそんなとき力をくれ、寄り添ってくれたのが歌でした。ことし、さまざまな思いで過ごされている皆さんが笑顔で来年を迎えられますように」と述べ、誰も見たことのないが幕を開けた。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」