五輪トーチ売却相次ぐ ブラジルでコロナ生活苦から

 2016年にリオデジャネイロ五輪が開催されたブラジルで、聖火ランナーを務めた人たちが新型コロナウイルス流行などによる生活苦から聖火のトーチをネットで売却する例が相次いでいる。主要紙グロボが28日までに報じた。

 「ブラジルで五輪トーチを運んだ最初のトランス(ジェンダー)でした。経済的理由で売ります。助けてください」

 出生時の性別と自認する性別が異なるトランスジェンダーの聖火ランナーとして、南東部ミナスジェライス州クルベロを走った公務員、ビアンカ・リンスさん(31)。

 新型コロナで生活が苦しくなり、無償でもらったトーチを、ソーシャルメディアを通して5千レアル(約10万円)で売りに出した。家の改修費用が必要だったという。(共同)

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず