なかにし礼さん死去、中村泰士さん訃報に続き…昭和の偉人また一人 長男「最後まで格好良く色気があっていい男」

作詞に小説、エッセーと、なかにしさんは晩年まで精力的に執筆を続け、社会を見る観察眼も鋭かった
作詞に小説、エッセーと、なかにしさんは晩年まで精力的に執筆を続け、社会を見る観察眼も鋭かった

 「北酒場」「石狩挽歌」「まつり」など数々のヒット曲を生んだ作詞家で直木賞作家、なかにし礼(本名・中西禮三=なかにし・れいぞう)さんが23日午前4時24分、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去したことが25日、分かった。82歳だった。晩年も執筆意欲は旺盛だったという。葬儀・告別式は家族のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。喪主は妻で元歌手、石田ゆりの中西由利子(なかにし・ゆりこ)さん(69)が務める。

 「北酒場」を作曲した中村泰士さん(享年81)が20日に死去した3日後、同曲を作詞したなかにしさんも天に召された。

 25日に長男の会社員、中西康夫さんが文書で父の死を報告。「やりたい事がまだまだあったと思うので残念でなりません。父の作品にはいつも父の伝えたい事が深く書かれていました。最後まで格好良く色気があっていい男でした」としのんだ。

 なかにしさんは2012年に食道がんを発症。陽子線療法で一時回復したが、15年に食道につながるリンパ節にがんが再発し手術を受けた。また、若い頃から心臓にも持病があり、16年にペースメーカーを埋め込む手術を受け、執筆・創作活動を続けてきた。

 当初は今月22日に発売された週刊誌「サンデー毎日」でエッセーを始める予定だったが、今月上旬に心臓病が悪化して入院。執筆を断念し、集中治療室で何度も危機的な容体になり、最期は妻の由利子さんや康夫さん、長女らに見守られ、息を引き取った。

 戦前に旧満州(現中国東北部)で生まれ、波乱万丈の人生だった。終戦後に引き揚げるときは何度も命の危機に陥り、その強烈な体験は小説「赤い月」に活写した。執筆活動の原点は祖国に捨てられたという思いと帰国後の赤貧体験だった。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害