なかにし礼さん「昭和歌謡の巨頭だった」 音楽評論家・安倍寧さん

 音楽評論家・安倍寧さんの話 なかにしさんはシャンソンの訳詞から出発したこともあり、「港町」や「涙」といった決まり文句や紋切り型の表現ではなく、恋や別れといった日常を普通の言葉で書き、詞からほのかな詩情が漂ってくる。守備範囲が広く、クラシック音楽などからも吸収していた。昭和歌謡の作詞家では阿久悠さんと並び称されていい巨頭だった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害