昨年の救急車出動663万件 10年連続で最多

総務省などが入るビル=東京都千代田区
総務省などが入るビル=東京都千代田区

 総務省消防庁は25日、昨年の救急車出動件数が前年比0・5%増の663万9767件だったとの集計結果を発表した。約4・7秒に1度出動した計算で、件数は10年連続で過去最多を更新した。搬送者の60・0%を65歳以上が占めており、高齢化の進行が背景にあるとみられる。

 119番通報から患者を病院に送り届けるまでにかかる時間は全国平均で約39・5分。10年前から3・4分、20年前から12・4分延びた。

 救急出動の理由は、急病が433万5687件で最多。負傷が101万3435件、転院搬送55万2175件と続いた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…