「KISS」大みそかにドバイで史上最大10億円規模の配信ライブ

来日公演に際し関西地区・有馬記念PR隊長に就任したKISS。(左から)エリック・シンガー、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー、トミー・セイヤー=令和元年12月、京セラドーム大阪(河田一成撮影)
来日公演に際し関西地区・有馬記念PR隊長に就任したKISS。(左から)エリック・シンガー、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー、トミー・セイヤー=令和元年12月、京セラドーム大阪(河田一成撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの歌手やバンドがライブ活動を停止するなか、米のベテランロックバンド4人組「KISS(キッス)」が大みそかの午後9時(日本時間で元日午前2時)から、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで史上最大の配信ライブを行う。

 もともと芝居がかった派手なステージで知られる彼らだが、今回は火柱や爆発、花火の演出だけで日本円にして約1億円。総額だと10億円以上になるという。

 11月20日付の米業界誌バラエティや米誌ローリング・ストーン(いずれも電子版)などによると、開催場所は、ドバイを象徴するペルシャ湾の人工島で、ヤシの木のようなユニークな形状のリゾート地「パーム・ジュメイラ」にある高級ホテル「アトランティス・ザ・パーム」の敷地内。

 ステージの長さは250フィート(約76メートル)で、約50台のカメラがバンドのパフォーマンスを360度撮影。この模様が世界に配信される。ライブは約2時間の予定で、同ホテルの宿泊者約2千人はバルコニーから生で楽しめるという。視聴料は39ドル99セント(約4200円)からになる。

 メンバーのジーン・シモンズ(ベース奏者兼ボーカリスト)はローリング・ストーン誌などに「あちこちで派手な爆発が起き、高さ300フィート(約90メートル)の火柱がどんどん上がる。今、みんなに黙って人生を楽しんでもらうための最善の方法は、火柱や爆発、花火を起こす轟音(ごうおん)のライブで天国を揺さぶることだからな」と胸を張った。

 バンド側は、火炎を中心とした演出によるライブとしてギネス世界記録を樹立したいと意気込むが、コロナ禍の中での開催とあって、地球上で最大かつ、最も安全なライブになるという。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  3. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病