脱炭素化へ2兆円基金 3次補正予算案 - イザ!

メインコンテンツ

脱炭素化へ2兆円基金 3次補正予算案

臨時閣議に臨む(左から)橋本聖子五輪担当相、赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相、田村憲久厚労相=15日午後、首相官邸(春名中撮影)
臨時閣議に臨む(左から)橋本聖子五輪担当相、赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相、田村憲久厚労相=15日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府は15日に閣議決定した令和2年度第3次補正予算案などで財源を手当てする追加経済対策で、菅義偉首相が注力する「2050(令和32)年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ」の実現に向け、2兆円の基金を創設する方針を盛り込んだ。排出量が多いエネルギー分野などで研究開発を進め、目標達成に不可欠な技術革新を実現する。

 国内排出量の8割超は燃料の燃焼や電気などの使用に伴う「エネルギー起源」が占める。基金ではこうした排出量が多い電力や製鉄・化学などのものづくり、自動車などの運輸部門で野心的な研究開発を10年間継続して支援し、革新的技術の確立と実用化を目指す。

 このほか、災害時に蓄電池として利用できる電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の普及に向けた事業費を計上。省エネ住宅の新築などにポイントを付ける「グリーン住宅ポイント」の費用も盛り込んだ。

 政府は年内に50年脱炭素化の実行計画を策定。洋上風力や水素、蓄電池、二酸化炭素(CO2)を再利用するカーボンリサイクルなどの重点分野で具体的な達成目標を示す。日本が国際公約した目標「30年度に温室効果ガスを13年度比26%削減」も深掘りを目指しており、排出削減の取り組みを一気に加速させる方針だ。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも
  5. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で