強制不妊訴訟で原告が控訴 旧優生保護法めぐり

大阪地裁
大阪地裁

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で不妊手術を強制されたとして、聴覚や知的障害のある70~80代の近畿地方在住の男女3人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟で、原告側は11日、請求を棄却した大阪地裁判決を不服として控訴した。

 大阪地裁(林潤裁判長)は先月30日の判決で、旧法を「極めて非人道的かつ差別的」として違憲性を認める一方、不法行為から20年が経過すると賠償請求権が消滅する「除斥期間」を過ぎていることを理由に、全員の請求を棄却した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…