元笛吹市職員に有罪判決 甲府地裁、上司宅にガソリンまく

 上司宅にガソリンをまいたとして、現住建造物等放火予備や殺人予備などの罪に問われた元山梨県笛吹市観光商工課主査、馬場渉被告(32)に甲府地裁は30日、懲役2年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 横山泰造裁判官は判決理由で、事業の手続き漏れが発覚しないように上司を欠勤させるため、上司宅を放火しようとしたと指摘。上司と家族を巻き込み、深刻な被害が出ていた恐れもあったことから「動機と犯行に飛躍がある」と述べた上で「自己保身にこだわる余り視野が狭まり、極端かつ悪質な行動を取った」と非難した。

 判決によると、8月28日午前1時15分ごろ、甲府市の上司宅を放火して殺害する目的で台所の床面にガソリンをまくなどして、放火と殺人の準備をした。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」